小さな便箋、「そえぶみ箋」。柄も豊富で集めたい!

スポンサーリンク

文具女子のたまご、Nana (@moke6310)です。

 

きょうは、古川紙工さんの「そえぶみ箋」という小さな小さな便箋のご紹介です。 最近、いろいろなところで見かける人気の紙ものです☺

 

小さいながら、美濃和紙のほっこりする質感がとても素敵。柄もたくさんあるので、つい集めたくなっちゃいます。ではではさっそく/(^o^)\

 

f:id:moke6310:20190110223512j:plain

 

 

古川紙工とは?

 

そえぶみ箋のご紹介の前に、販売元の、古川紙工さんについても調べさせていただきました☺

 

岐阜の美濃に本社を置く、主に紙製品を取り扱っておられる会社さんですっ。その歴史は古く、なんと、なんと、この美濃の紙を使って商売を始められた(創業)のは、天保6年!だそうです!

 

ちょちょちょちょw天保っていつよ、って思ったよ!江戸時代らしいよ!(ですよね?)純粋に「すげぇー!」という言葉しか出ませんでした。今まで文具メーカーさんのことを、何度か調べてきましたが、創業がこんなに昔なのは、はじめてかもしれません。それだけ長くわたしたちの生活によりそってくれていたのですね☺

 

昔から、美濃は、原料がとれることや、冷たい水が豊富にあることなどから、和紙作りが盛んだったみたいです。その辺のことはまだまだ勉強不足でございます・・文具女子を名乗るからには、文具やメーカーさんの歴史も、もっと勉強しないとなぁって思っている今日この頃(笑)

 

そえぶみ箋とは?

 

はい、そんな古川紙工さんから生まれた「そえぶみ箋」、発売から10年経ってもいまだに人気のご様子です。さっそくみていきましょう。

 

そえぶみ箋【コーヒー】 LH229

そえぶみ箋【コーヒー】 LH229

 

 

小さな手のひらサイズの便箋

 

見てくださいこの可愛さ!やっぱり人間、特に女性ってちいさ~いものに魅せられますよね・・ミニチュアとかさ・・

 

f:id:moke6310:20190110220938j:plain

 

大きさはご覧の通り、手のひらサイズ。文字を書く行は7行だけです。また1行が大きめなので、ちょっとした伝言や、メモ、まさにひとこと「添えたい」ときに、活躍してくれそう☺便箋30枚と、無地の封筒5枚というセットになってます。

 

f:id:moke6310:20190110220927j:plain

 

ガイドブックが発売されるほどの人気

 

年間に35万個も売れているそえぶみ箋。ガイドブックもあるらしいです。

 

世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方

世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方

 

 

監修は、手紙の書き方など、手紙に関して幅広く活動されている、むらかみかずこさん。この本では、様々なそえぶみ箋の活用法が載っているみたい。

 

中身が気になる~~(買ってないんかい)

 

コラボやご当地そえぶみ箋もあるよ

 

そえぶみ箋の魅力といったらこれです。上部にほどこされている、ほっこりするワンポイントの柄。しかもこの柄がめっちゃ豊富!400種類ほど?あるんですって。

 

そして、今までに色々なキャラクターや、企業、ご当地のそえぶみ箋が出ています。

 

f:id:moke6310:20190110220924j:plain

 

↑わたしが持っているのもコラボとご当地。

 

左の黄色いのは、「よいこのおどうぐばこ」でお馴染みの、株式会社デビカさんで、右のは、「オエステ会」という、西日本の文具専門店のコミュニティから出ている、ご当地そえぶみ箋です。大阪のおばちゃん、可愛いですよね^^*

 

わたし結構、限定物とかご当地ものに弱いので、これから旅先でそえぶみ箋を見かけたら、集めてしまいそう(笑)

 

そえぶみ箋を使ってみた

 

もったいない症のわたしは、なかなか使うのをためらってしまうのですが、ひと言伝えたい時に、使っています。

 

f:id:moke6310:20190110220931j:plain

 

↑うむ、和紙っぽい!(和紙だ)表面は結構つるっとした印象です。

 

f:id:moke6310:20190110220941j:plain

 

↑リアル(笑)書き置きというやつですね。彼氏もわたしもシフト制なので、超早い勤務の時は前日に作って置いてます。が、最近はサボり気味、、

 

普段はノートに書いてますが、この日は、そえぶみ箋使っちゃえということで。

 

関係ないですが、何故かわたしはいつも、ちっちゃい「つ」を抜かしがち(笑)何語や?と言われる。

 

f:id:moke6310:20190110220945j:plain

 

↑これはふと、思いついたのですが、オシャレな瓶に、そえぶみ箋を丸めて入れると可愛いかも!ちょっと前に流行った気がするのですが、こういうの「メモリージャー」というみたいです。

 

海外発のようで、その年にhappyだったことなどを、紙に書いて瓶にどんどん入れていく、というもの。

 

そえぶみ箋なら、柄もたくさんあるしぴったりですよね。あとは、ご当地柄のそえぶみ箋を旅先で買ってきて、その地の思い出をひと言書いて、瓶に入れると、瓶が旅行記に!なんていうのもどうでしょう\(^o^)/素敵~いいかも。という自画自賛w

 

改めて、無限大の可能性を秘めているそえぶみ箋だなと感じました。

 

まとめ

 

以上、そえぶみ箋について書いてみました。もうとにかく、、集めたい!(笑)柄が豊富すぎていろんな柄が欲しくなっちゃいますね。

 

ちょっとひと言添えたい時に、何か贈り物をするときに、メモをする時に、ひとつ携帯しておくと便利かもしれませんっ。

 

まだ見ぬ柄のそえぶみ箋を求め、わたしも奮闘したいと思います(*^^*)

 

では、お読みいただきありがとうございました。