キャップ式とノック式、どっちのボールペンが好きですか?

スポンサーリンク

文具女子のたまご、Nana (@moke6310)です。

 

タイトル通りなんですけど、皆さんは「キャップ式とノック式」どちらのボールペンがお好きでしょうか。まぁね、わたしの予想では大多数の人がノック式、とお答えになるのではないかと思っています。(楽だしね・・)

 

でも意外とキャップ式ボールペンも良いんでない?って思ったり。あくまでわたしの個人的な見解ですが、今回はこのふたつのボールペンをゆるーく比較してみようかなと思います。

 

f:id:moke6310:20190424153644j:plain

 

 

 

 

キャップ式とノック式の違いは?

 

まず、キャップ式ボールペンは、↓こんな感じで、キャップを外して筆記するボールペンですね。

 

f:id:moke6310:20190424142606j:plain

 

対してノック式は、ペンの上部をノックしてペン先を出して、筆記するもの。↓

 

f:id:moke6310:20190220214018j:plain

 

で、このふたつに違いはありますのん?って話なのですが、んー調べた限りでは、メーカーさんによると思う!(笑)(おなじみ適当なわたし)

 

でもやっぱり、ノック式は、密閉されているキャップ式に比べて、空気に触れている時間が長いですよね。なので、ノック式は、乾きにくいインクが使用されていたり、ペンの内部を乾きにくい構造にしてあったり、工夫が施されているようです。

 

んー、もうこれは完全に個人の好き嫌いになるんじゃないかなぁ(笑)てことで、それぞれの良いところを独断と偏見で書き出してみたよ☺

 

スポンサーリンク

 

 

キャップ式のいいところ

 

まずはキャップ式の良いところから。自分のペンケースを見てみると、ボールペンは圧倒的にノック式のものが多いです。でも意外とキャップ式にも魅力的ポイントがあるやん~ってなったので見てください(笑)

 

ペン先が守られる

 

これに限る!さっきの乾きにくい系の話もそうだけど、やっぱりペン先が完全おおわれているのって安心じゃないですか!?わたしも自分の殻に閉じこもる系なので、キャップ式ちゃんの気持ちわかるもんな。(謎)

 

ノック式だとペン先をしまっていても、なぜか繊維やほこりが絡まってしまって、うまく書けないことがあったりするんですよね。(わたしの扱いが悪いのか?笑)その点キャップ式だと使っていないときはペン先が、キャップ内で密閉されているので、リスクは小さいかと。

 

ポケットに入れても勝手にペン先が出ない

 

これはノック式と対比する感じで、ちょっと申し訳ないけど、、(笑)わたしは仕事柄、ユニフォームのポケットにボールペンをさしています。そしてデスクワークではないため、動き回るとなぜか勝手にペン先が出ていたりするんですよねぇ・・あとはノックし忘れて、ペン先を出したままポケットに入れたり。ってどんだけ追われてるんだ(笑)

 

キャップ式だと、よほどのことが無い限り(ペンに自我が芽生えて勝手にキャップを脱ぎ棄てるとか)、ペン先がこんにちはすることは無いはずです。うん。

 

ノックできなくなる心配がない

 

またまたノック式を引き合いに出しますが、あの子たちスプリングが入ってるじゃないですか。で、これまた雑なわたしはそのスプリングをなくしてしまったりするわけですよ。するともうノックしたってバカになってて、すごい悲しい結末を迎えるんですよねーなみだ。まぁ無くさず使えよっていう話なんですけど(笑)

 

デザインが可愛い

 

これは完全にわたしの個人的な意見ですけど、キャップ式のボールペンってちょっと高級感があったり、雑貨みたいでファンシーだったり、デザイン性のあるものが多くないですか?

 

女性目線で言うと、コスメっぽいからそう思うのかな?もちろんノック式でも可愛いものたくさんあるんですけどね☺

 

ノック式のいいところ

 

散々キャップ式を褒めたところでノック式へ参ります。いざ!

 

ストレスフリーにすぐ書ける

 

これな!これしかないわ!せっかちやしわたし!(笑)キャップをよっこらせって両手で取るよりも、片手で一発カチッとすれば文字を書けるほうが、かなりストレスは軽減されます。

 

特にわたし、仕事では1分1秒無駄にしたくないので、この小さなところでのロスは死活問題だと認識しております(笑)どんだけ生き急いでんねん。

 

キャップをなくす心配がない

 

ノック式はこわれる・・とお伝えしましたが、キャップ式には「キャップをなくす」というイベントが発生する可能性があるわけです。もうそんな時には創作意欲は消え失せ、そのペンの保管方法にも困ることでしょう。

 

まぁその点ノック式は、身ぐるみひとつなわけで、、ってあれ、さっきわたしスプリングなくすって言ってなかったっけ汗

 

グリップがあること

 

ノック式には、持ちやすいようにグリップが付いていることが多いですね。キャプ式だとあまり見かけないような。というか全然見かけないわ。

 

滑りにくいし、わたしはグリップが付いている方が好きかな~

 

わたしはノック式派かなぁ

 

はい、であなたはどっちなのって話ですが、わたしはノック式が好きです。なぜなら超せっかち関西人だから。できるだけ直感的に、書きたいと思ったらすぐに文字にしたいなって思って。

 

といっても、今回改めて振り返ってみることで、キャップ式もいいもんだなって思いました。だから手帳タイムとかじっくり文字を書けるときは、キャップ式も使っていきたいですし、長持ちしそうだから、ちょっと特別な1本、とか買う時は、自分のお気に入りのデザインのキャップ式ボールペンを選びたいなって思う。

 

まとめ

 

ということで、ゆるくキャップ式とノック式を比較してみました。皆さんはどちらがお好きでしょうか。結局はペンだから書き心地やインクで選ぶものなのかもしれないけど、その前後の動作(「書く」っていうひとつの行為)も大切なわけだから、そういうのも考慮して、ペンを選んでいきたいなと思いました。

 

ではでは、今日はこのへんで。お読みいただきありがとうございました。

 

前もこの話をした気がするのですが、キャップ式のペンを見ると、父がキャップを口にくわえて文字を書いていたことを思い出しますw(すっごいどうでもいいけどw)