「文具店巡り」で感じたこと~その2~

 

文具女子のたまご、Nana (@moke6310)です。

 

本日の記事は、以前にアップしたものと同じく、文具店巡りをして感じたことを、ただただ書き綴るという記事(パート2)になっております。文具店と言ってもですね、わたしの場合ほぼ、というか99.9%ロフト。なんですけどね・・完全に個人的なつぶやきになってしまいますが、読んでいただけると感謝感激の嵐でございます。

 

パート1はこちら↓

 

www.nanatecho.com

 

f:id:moke6310:20180925220947j:plain

 

化粧品を模した文具って流行りなのかな?

 

化粧品のような文具、最近よく見かけるような気がしませんか?マスカラのようなハサミ、チークのようなメモ帳、リップのようなふせんなどなど。女子にはたまらない遊び心のある文具がたくさん出ています。THE女子って感じがしますね。

 

そして今回見つけたのが、グロス型のフィルムふせん「グロススティックマーカー」。ほんとにね、見た目がグロスみたいになっていて、ケースの中にフィルムふせんが入っているんです~何度も言いますがTHE女子ですよみなさん。

 

女性にとって化粧品は、可愛くなれる魔法のような特別なものです。そういうキラキラしたものを文具にも詰め込んだ形なんでしょうか?☺ちなみにわたしは化粧品にこだわりはなく、ベビーパウダーを顔にこすりつけてます

 

#勉強垢(アカ)

 

ここ最近でよく耳にするようになった「勉強垢」という言葉。勉強のための専用アカウントということですね。InstagramなどのSNSで、ご自身の勉強風景や勉強量を発信し、みんなでモチベーションを上げてがんばろうといった感じなんだと思います。

 

ほんと社会人になると勉強する機会が、ほとんどなくなるので、学生のかたのほうが馴染みがある言葉かもしれません。

 

バナナと言えば黄色、勉強垢と言えば文具。ということで、ロフトさんも黙ってはいませんね。コーナーを作って、インスタ映えする文具を売り場に並べていました。こうして可愛い文具をアップし、勉強垢さん同士で新たな交流が生まれるのかも!

 

これからも勉強垢を意識した文具やノートなどが出てきそうですね。わたしもなんか勉強しようかな。(文具を買う名目)

 

測量野帳ロフト限定のカバーが欲しすぎる

 

これはぁぁ欲しすぎます!度々このブログでも登場する「コクヨの測量野帳」。なんと「野帳カバー」なるものが売り場にひっそりと置かれていました!ロフト限定らしいです。測量野帳のデザインがそのままソフトカバーになってました。

 

www.nanatecho.com

 

測量野帳が2冊収納できるのですが、元から1冊ついているんですって。色も野帳の特徴であるグリーンだけではなく何種類かあったので、ネイビーがほしいなぁ~~

 

これ絶対買うだろうな。自分。

 

売り場の入れ替わりがすごい

 

とりあえず、どんだけ行ってんねんロフト。という感じですが、数日だけで、売り場の様子には変化があります。特に今は手帳シーズンなので、手帳コーナーの変化は著しく、マンスリー手帳の位置と、ウィークリー手帳の位置が入れ替わっていたりするんですよね~あれはどんな意図なんだろう?気になりますねぇ。

 

ちなみにわたしの2019年手帳どうする問題は、ほぼほぼ「ジブン手帳」で決まりな気がしています。12月はじまりなので、あと少し吟味していくつもりです。

 

「トリンコ」が気になる

 

ロフトから退散したあと、ふと本屋に目を向けたその時、なにかが目に入る。「んん?パステルカラーの手帳・・トリンコ?

 

あの有名な高橋手帳から新しい手帳が登場したようです。さきほどジブン手帳でほぼ決まりと申し上げたのにもかかわらず、その可愛さに立ち止まってしまいました。1日1ページタイプの手帳にはあまり魅せられなかったのですが、なんかこれはシンプルで使いやすそう。しかもなんともいえないくすみピンクとか、くすみブルーが大人の女性にぴったりな感じなんです~気になる方はトリンコで検索。トリンコですトリンコ(うるさい)。

 

まとめ

 

完全に個人的な意見を長々とすみません。もうね、やっぱり文具店巡りたいせつ!ぜったい!初心者のわたしには欠かせない、貴重な時間です。こうしてわたしが感じたことは、みなさんにも共有していけたらなと思っています☺

 

それにしても・・やっぱりロフト行き過ぎ!

 

お読みいただきありがとうございました。