お出かけしたいけどお金がない時は、近所を自転車で散策しよう。

スポンサーリンク

文具女子のたまご、Nana (@moke6310)です。

 

絶賛、連休中でございます。やりたいことはたくさんあるけれど、なんとなく、自然に触れたくなって、色々とお出かけスポットを調べることにしました。でもやっぱりなぁ、電車で出かけるとなると気になる交通費。

 

皆さんもそんなときがあるのではないでしょうか。ということで、今回は少し自転車を走らせて近所の散策をすることにしました。

 

f:id:moke6310:20190423175913j:plain

 

 

自転車散策で何をする?

 

持ち物は、財布に本とチェキ、ペンケースにスケッチブックにシステム手帳・・多分使わないけど色んなものをリュックに突っ込んでしまいます(笑)

 

愛車のスペンサー(勝手に名付けた)を走らせ、緑が豊かな公園でとりあえずひとやすみしました。

 

f:id:moke6310:20190423163451j:image

 

↑少し肌寒く感じるけど、木が風で揺れる音が心地いい。鮮やかな黄緑色が目に優しいです。

 

f:id:moke6310:20190423163454j:image

 

↑チェキで撮った写真をフォトインフォト。タンポポがいたるところに咲いていて、「こいつらも必死で生きているから頑張らなきゃなぁ」と思わされました。(笑)

 

自然の中で深呼吸をする

 

で、そっとカメラとスマホをしまい、ベンチに腰掛け、ふぅーっと息をつく。日々忙しくて、自分に起こる全ての出来事が嵐のように去っていき、振り返ったり考えを巡らせるヒマがなかなかありませんでした。でもこんな風に自然のなかで、深呼吸することで、やっと立ち止まって、落ち着くことができたんじゃないかなと思います。

 

わたしは深呼吸をしていて、息を吐く瞬間が好きです。深く自分の中にある古い空気を流してゆく。結構スッキリするんですよね~☺自然の中だとなおさら。

 

自然の中で本を読む

 

そして、持ってきていた本を読み始める。

 

敏感すぎて生きづらい人の こころがラクになる方法

敏感すぎて生きづらい人の こころがラクになる方法

 

 

↑こちらの本は、以前このブログで紹介したHSPに関する本の、より実践的なアドバイスが載せられているものです。

 

www.nanatecho.com

 

自然の光の中で、何も誘惑がない中でする読書ってすごく頭に入ってくる。今日は、ちゃんと本の内容を生活に生かせるように、持ってきていたペンケースから、キラリッチ(蛍光マーカー)を取り出し、印象的なフレーズにマーキングをしていきました。

 

書き込み式になっているページもあり、本に直接書き込んでゆく。1時間ほどここにいたと思います。読み終わった後は、ちょっとすっきりした気分。

 

また詳しく別の記事にしようと思いますが、いろいろとこの先のわたしの「生き方」について、考えるきっかけになりました。なりたいわたしになるぞ!

 

ひと駅ぶん、走らせてみる

 

さて、自然を離れた後は、もう思いのままに自転車を走らせることにしようではないか。とりあえずあっちへ~こっちへ~

 

って・・ここ隣の駅やん?

 

気付いたら隣の駅まできていました。自転車で隣駅まで行ったことなんかないので、もちろん道順を知っているわけもなく。こっちに行けば隣駅へ行けるのね~ということが分かったよっていうおはなしです(笑)

 

普段は電車でしかこないところへ、自転車で来られたのはちょっと変な感じです。二駅分散策できたってことよね(笑)もう少し散策してみようかと思いましたが、復路のことを考えると疲れてきたので、スーパーへ寄って帰宅しました。

 

自転車散策のメリットとまとめ

 

  • 近所の知らないところを発見できる
  • ほどよい運動になる
  • 歩くよりも行動範囲が広がる
  • お金がかからない
  • 風を切るのが気持ちいい

 

とまぁこんな感じでしょうか。わたし、人が「お出かけしたい」と思うのは、いま置かれている日常と少し違った体験がしたい。という気持ちがあると思うのです。でもお出かけするとお金がかかる。そんなとき、自転車を使って、いつもは行かない場所を散策して、思わぬ癒しスポットをみつけたりすると、新鮮な気持ちになれると思うんです☺

 

歩くよりは疲れにくいし(笑)だからわたしは結構近所を開拓していくのが好きです。今日の収穫は隣駅への行き方が分かったこと/(^o^)\

 

次は色鉛筆でももってスケッチ散策にいこうかな。ということでこのへんで。お読みいただきありがとうございます☺