25歳になったわたしが今思う6つのこと。

スポンサーリンク

文具女子のたまご、Nana (@moke6310)です。

 

3/10が誕生日だったわたし。25歳になりました。ちなみに関西人にはおなじみ、山田花子さんと同じ誕生日です。

 

ついこないだまで、学生だったのに・・と、そんなことを考えてしまうあたり、自分でも歳を重ねていることを実感しています(笑)ということで今回は、25歳になった今、わたしが思うことを、正直につらつらと書いていきますね☺

 

f:id:moke6310:20190312173933j:plain

 

 

 

 

今思うこと、手帳に書いてみた

 

25歳になったので、とりあえず「手帳でも開くか」。ということで、大好きな青系のデコレーションで、振り返りなど。

 

f:id:moke6310:20190312143957j:plain

 

なんかよくわからないことばっかり、書いてしまった(笑)24歳の振り返りをここにも要約しますが、とにかく、色々と変化の多い歳でした。ブログを始めたのも24歳。彼氏と一緒に住み始めたり、部署を異動したり。環境の変化が苦手なのですが、ほんとここまでよく持ったな。と。(頻繁にへこたれたけど・・笑)

 

次からさっそく、思っていることをまとめていきます。

 

1. 20歳を超えてから異常に時の流れがはやい

 

ほんとこれしかないです。19歳から新卒の会社に事前研修として入社して、当時は「え??まだ19なの?若いねぇぇ」って言われてたのにw歓迎会では「お前は飲むなよ」って言われてたのに・・(いや若さが羨ましいわけじゃないよ!ないんだから!)もう25だと・・?

 

飛行機に乗って東京へ来た日のこと、昨日のことのように覚えてます。そこから色々あったはずなのに、今日の今日まで一瞬でした。これは良いことなのか悪いことなのか。まぁそれだけ毎日目まぐるしく、必死で生きているのかな。

 

 

 

2. 25歳は節目の歳なのか

 

どうですか皆さん。わたしはなんとなーくこの25歳という年は、節目のような気がしています。21~24まで半端な数字の年齢が続いた中、25というキリのいい数字。ちなみに四捨五入すると、30歳。すっごい個人的なイメージですがこんな感じな訳です↓

 

f:id:moke6310:20190312161927j:plain

 

はて?w

 

でもなんとなくお分かりいただけるのではないでしょうか・・16になると結婚できる、20になるとお酒が飲める、25になると?特に変わらない。でも、でも、なんとなく、自分の中で節目というか、気が引き締まるというか、そんな感じです。

 

あとは世間的には、大卒で働いている人が、3年目になる年のようで、慣れてきて、転職する人やキャリアアップする人も多いようですね。学生の頃「25までに結婚する!」って言ってる子も結構いた気がする。色んな意味で25歳ってやっぱり節目なのかも。

 

3. 大人だとも、まだまだ子どもだとも感じる

 

さきほど、四捨五入したら30歳、と言いましたが正直なところ、「わたしまだまだ子どもだわ」と感じることも多々あり・・脱いだ服を裏返しのまま洗濯機に入れるとか。(しょうもない!)たまに洗濯物干してる彼氏に怒られる(笑)まぁ精神的にもです。嫌なことはやりたくないし、嫌いな人とは関わりたくないし、イライラしたら顔に出るし。大人な対応?おいしいの?って感じ。

 

その一方で、やっぱり19からひとり暮らししてるから、「ひとりでやる能力」には長けており、ひとりで生きていける自信もある。金銭感覚もまともだと思う(ドケチ貧乏人だから)。社会人としての常識もある程度身につけられた。けど大人の定義って何だろう。今、子どもが生まれて子育てする想像ができないのはなんでだろう。「子どもが子ども育てるようなもんやん!」って思ってしまうのはなんでだろう(笑)

 

まぁこういう答えのないことに対して延々と考えてしまう、そんな半端な年齢が25歳なのかもしれない。

 

4. 「残りの人生」なんて言葉を使うようになった

 

学生の頃は、自分の人生に終わりが来るなんて考えもしなかったんじゃないでしょうか。皆さんも。「今」に必死でした。わたしだったら部活のことしか頭になかったので・・25歳にもなると、嫌でも時間が有限だって思い知らされるし、「人生」という長いスパンで物事を見るようになりました。「残りの人生まだまだやることいっぱいある」「残りの人生悔いないように」。明日死ぬかもしれないのに、わたしはこのままでいいの?とか。。

 

そういう「人生」とか大きいテーマで考えをふけらせることが、多くなってきたんです。ってまた答えのないことを考えている自分がいます。そうそれが25歳(沈黙)

 

5. 生き辛い世の中だぜ

 

わたしの場合は早い段階でこの社会に見切りをつけられたのですが、25歳ともなると、社会で揉まれに揉まれ、悩みだす年齢なのではないでしょうか。意味のない書類、何でも印鑑、自分が悪いわけではないのに謝る、上司の酒に目を向ける飲み会、自分の本意ではないのにやらねばならぬ業務、消化できない有給、やることなくても帰りづらい雰囲気。なんだこれ!

 

またこんなこと言ったら俗に言う炎上?ゆとり?

 

会社に入りたての頃は、反抗してみたりもしたけど、25にもなると、それがもう無駄なことである、しょうがないことである、というのにもとっくに気付いてる。だからこそ、今とてもやるせなく、ストレスです。いかんいかん、文句を言うつもりじゃなかったんです💦

 

6. なんか大きなことやってみたい、でもできない

 

今のうちになんか大きなことやっときたい。またひとりでカナダに行くとか、あとカヤック乗りたい、自分の文具作りたい、久石譲さんのコンサートに行きたい、もう一度吹奏楽をやりたい、はたまた、このブログでやってみたいこともまだまだある。もちろんもう少し先でも、やろうという気持ちさえあればできる。でも、今、思い立った今、やるべきなんじゃなかろうか。

 

なのに、「お金が・・仕事が・・」とかそういう否定的なことばしか出ず、なかなか行動に移せません。(笑)でもやっぱりこの25歳のとしに、なんかやりたいな、漠然とですが。

 

【おまけ】誕生日当日の話

 

サブブログにも少し書きましたが、誕生日当日、わたしは仕事でなおかつ残業でした。遅くなってしまった・・と思いながら帰宅すると、ケーキとごはんが用意してあったのです。ほんとにわたしなんかにはもったいないくらいの、思いやり精神の強い彼氏。(わたしはというと超ドライの塩対応)25歳、もっと身近にいる大切な人を、もっといたわって支えなければ、と思います。あともっとおいしいごはん作れるよに練習しますw

 

そして、プレゼントにkikkiKのバイブルサイズのシステム手帳をいただいてしまったよぉぉ( ;∀;)

 

f:id:moke6310:20190312144005j:plain

 

可愛えぇぇえ

 

f:id:moke6310:20190312144002j:plain

 

↑A5サイズのkikkiKと合わせても可愛い色合い♪

 

これから大切に使います!ありがとよ!今後改めてこのブログにも登場させますね☺

 

まとめ

 

以上、25歳になったわたしが思うことでした。

 

長くなってしまったよぉぉ。そして正直に書き過ぎたな。きっと25歳も色々なことが待ち受けていると思うけど、わたしらしく、無理しすぎず、立ち向かっていこうと思います。みなさま、これからもよろしくお願いいたします。

 

お読みいただきありがとうございました。