測量野帳をブログのネタ帳として活用してみた

 

前回の記事にも登場した測量野帳。耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

www.nanatecho.com

 

神戸柄の測量野帳を手に入れたわたしなのですが、測量野帳そのものについて気になってきたので調べてみました。

 

そしてブログのネタ帳として使用することにしたのですが、これはハマりそうな予感♪魅力たっぷりの測量野帳についてご紹介しますね☺

 

f:id:moke6310:20180629143528j:image

 

 

測量野帳とは?

 

コクヨから1959年に発売された商品で、発売から50年以上も経っているのだそうです。

 

もともと測量作業に使用するために作られたものですが、今では、カスタマイズをしたり手帳にしたり旅行記にしたりと本来の用途以外でも愛用している方がたくさんいらっしゃいます。

 

昔から愛されている商品だったのですね!業務用のものが一般のひとに流行るなんてコクヨさんも思ってなかったんじゃなかろうか。

 

特徴

 

屋外でも片手でばりばりと記入できるように硬めの表紙になっていて、作業着のポッケにも入るスリムサイズです。バイブルサイズのシステム手帳と同じサイズですね。

 

3種類ある

 

「LEVEL」「TRANSIT」「SKETCH BOOK」という3種類のフォーマットがあります。

 

LEVELとTRANSITは測量法の名前で、それぞれ違う種類の罫線が入っています。一般の人が使うには3mm方眼のSKETCH BOOKが一番使いやすいんじゃないかなと思います。

 

雨に強いタイプもある

 

測量野帳ブライトカラーというもので、おなじみの深い緑ではなく赤、青、黄という現場でも目立つはっきりカラーになっています。

 

雨に強いウォータープルーフの紙で、ポケットが付いていたり、タイトルや名前を記入できる欄があったりと通常の野帳より機能が増えてます。その分お値段も少しだけお高め。

 

ヤチョラーが増えている!

 

この測量野帳を愛用してやまない人のことを「ヤチョラー」というそうですよ。なにそれかわいい!(笑)わたしもヤチョラーなりたい!

 

ということで今日からヤチョラーの道も少しずつ歩み始めようかなと思っています。ヤチョラーのたまごなのでヤチョタマでしょうか。

 

オリジナルの野帳やコラボ野帳も注目

 

わたしの購入した神戸柄の測量野帳もそうですが、色々なものとコラボした測量野帳が販売されています。

 

ちなみにコクヨのウェブサイトから名入れしたオリジナルの測量野帳が注文できるようです。

注文数が100冊からなので個人で作るにはちょっとハードルが高いですが、企業さんのノベルティなどにはいいかも!

 

ブログのネタ帳としての測量野帳

 

さて、ここまで測量野帳をご紹介させていただきましたが、わたしも実際に使用してみました。 タイトル通り、ブログのネタ帳として使っていこうと思っています。

 

ふと日常的に「これブログに書きたいなぁ」と思うこととか、文具屋さんにふらっと立ち寄った時にいいなと思った文具の名前などすぐに忘れてしまうので、メモのようなものを探していたのです。

 

わたしの測量野帳

 

とりあえず表紙はなんだかこのままの緑が良いかなと思ったので、デコレーションはしませんでした。

 

f:id:moke6310:20180629160554j:image

 

見開きのところ、ダイソーのちよ紙をこれみよがしに貼り付ける。

 

f:id:moke6310:20180629143542j:image

 

こんな感じ。ちょっとおおダサくなっちゃった(笑)idea noteってなんだよってね。相変わらず欠如しているわたしのセンス。

 

こういうのは何もしないが吉と分かってはいるのですが、何かしらやってしまうわたくしです。お助けを。

 

まずはこの野帳のおおまかな使い道を書いてみます。まぁあまり縛られずに書いていきたいです。

 


f:id:moke6310:20180629143549j:image


f:id:moke6310:20180629143553j:image

 

なんだかヤチョラーっぽい!(言いたいだけ)

 

こんな感じでブログのネタ作成に役立ちそうな情報をここに詰め込んでいきたいと思います。

実際に野帳にまとめてからブログを書くと、情報が集約しているから書き出しやすいし、調べる過程で自分の知識も増えるのでいいですね。

 

文具のことが詰まった1冊になるかな?とわくわくしております。これからよろしくお願いします野帳さん。

 

使用した感想

 

使ってみて感じたことを少し。(ネタ帳で公開してしまいましたが笑)

  • なめらかな紙質で書きやすい
  • 下敷きを敷かないと少し裏がぼこっとなる
  • 片手で書ける
  • とにかくサイズ感がちょうどいい
  • 方眼だけど、薄いブルーだから無視しても活用してもOK
  • シャープペンシルよりボールペンの方が書きやすい(気がする)
  • 紙は40枚なのでいっぱい書くとすぐ使い切ってしまうかも

こんな感じです。

 

まとめ

 

測量野帳ハマってしまいそうです!とにかくサイズ感が絶妙☺安く手に入るし、薄いので、用途ごとに複数使いしても良いと思います。お仕事のメモ帳やスケジュール帳にも使えそう。

 

コクヨ 測量野帳 スケッチ

 

ではでは、今回は測量野帳をブログのネタ帳にしてみたの巻でした。みなさんもヤチョラーデビューしてみませんか?