ぬるぬる書ける!ステッドラーテキストサーファーゲル

 

「テキストサーファーゲル」ってなんぞや。という感じですよね。なんだかすごく強そう。

 

結論から言うと蛍光マーカーなのです!

 

最近気になっていて、お店で購入してきましたので、さっそくこの強そうな蛍光マーカーをみていこうと思います。

 

f:id:moke6310:20180621160828j:image

 

 

テキストサーファーゲルとは?

 

「ステッドラー」というドイツに拠点をおくメーカーさんから発売されている蛍光マーカーです。

 

カラーは、現時点で

  • イエロー
  • ピンク
  • ブルー
  • オレンジ
  • グリーン

の5色展開になります。

 

珍しい固形のマーカー!

 

そうなんです。インクではなくて、固形のマーカーで、繰り出し式の仕様になっています。「蛍光ペン」とは言えないかもしれません。どちらかというと「クレヨン」に近いですかね。

 

私が購入した理由

 

普段から蛍光ペンは好きで、手帳のデコにも多用していたのですが、どうしても少し水っぽいかな~と感じていたのです。

 

そんなときに、クレヨンのような蛍光マーカー、「テキストサーファーゲル」が雑誌に載っているのを見て「これは欲しい!」となりまして、購入に至りました。

 

見た目もいかにも海外メーカーっぽい感じで

なんかお洒落かも!というあさはかな考えを持っているわたしです。はい

 

お店で購入

 

カラーは水色好きなので、もちろんブルーを購入しました。ちなみにテスターも置いてあったのですが、見事にゲル部分が使い切られていました。

 

みんなこの異端児を試したかったのね。と納得。

 

f:id:moke6310:20180621153856j:image

 

見た目はこんな感じです。ペンにしては太めの印象。でも蛍光ペンだとこのくらいかしら。

 

f:id:moke6310:20180621153914j:image

 

キャップを開けるとそこには蛍光ペンにはない丸みが。そうなのですペン先は丸みを帯びていました。ペン下を回すとゲル部分が繰り出されます。

 

実際にマーキングしてみた


f:id:moke6310:20180621153917j:image

 

これは!

 

引いた瞬間「ぬるっするっ」という滑らか~な書き心地。氷のメンテナンス後のスケートリンクのようです!(分かりにくい)

 

やはりペンではなくて「クレヨン」に近い感じなのですが、クレヨンのように紙に引っかかるようなこともなくて本当になめらか。

 

紙にも書いていますが、「アンダーライン」として使うのが手書き感があってかわいいな~と思いました。

 

このブルーの特徴なのかもしれないけど、どちらかというとさりげなくマーキングできるタイプかな?

 

まとめ

 

とにかく今までなかった蛍光マーカーなのでそれだけでも話題性がありますよね。

 

使ってみてよかった点を絞ってみると、

  • インクがにじんだり裏移りする心配が少ない
  • ぬるぬると滑らかな書き心地が気持ちいい
  • 固形ゲルならではの手書き感がかわいい
  • さりげなく目立たせることができる

こんな感じでしょうか。

 

逆に「もう少し・・」と思ったのは、通常の蛍光ペンより線が細くなってしまうので、大きな文字をマーキングするには自分で重ね塗りをする必要があるところでしょうか。

 

自分で調節できるからメリットともとれるんですけどね☺

 

あとは少しクレヨンのカスみたいなものが出てしまいますが、わたしはあまり気になりません。(ズボラ女子)

 

珍しい蛍光マーカーで、本当になめらかなので、インクの出過ぎや裏移りなどでお悩みの方は試してみてはいかがでしょう。

 

わたしはこれから手帳のデコに活用していきたいと思います。

 

ではでは、お読みいただきありがとうございました。