システム手帳はA5サイズとバイブルサイズ、どっちがいいの?

 

システム手帳の購入を検討されている方。どのようなサイズがいいのか、悩んでしまったりしませんか?中でも、メジャーであるA5サイズとバイブルサイズで悩まれる方は多いのではないでしょうか。

 

わたしは現在、kikkiKのA5サイズシステム手帳とダイソーのバイブルサイズシステム手帳を使っています。実際にわたしも、はじめはどのサイズのシステム手帳がよいのか凄く悩みました。

 

両方を使っているわたしが、それぞれのサイズの特徴を、まとめてみましたので、ご参照ください。

 

f:id:moke6310:20180823201218j:plain

 

f:id:moke6310:20180519225633j:image

 

 

A5サイズシステム手帳

 

まずはA5サイズのシステム手帳からみていきますね。

 

とりあえず大きい

 

システム手帳でこのサイズは結構大きいし重さもあります。イメージとしては国語辞典くらい?そこまで重くはありませんが、なんとなくのニュアンスとして。完全に個人的な見解なのですが(笑)

 

でも今どきのかるーいラップトップなんかに比べると重くてかさばると思います。A5サイズのシステム手帳をバッグに入れると、それだけでスペースがなくなってしまうことも。それでも持ち歩きたい手帳好きのわたしなのですが。

 

たくさん書ける

 

しかし、大きい分たくさん書けるので使用用途の幅はとても広がると思います。

 

バイブルサイズで2ページ使っていたことも1ページで収まったりします。

 

わたしは、なんかこうひとつの話題でページが分かれるのが、学生の頃からあまり好きではなかったのです。特に3ページとか奇数になると見開きで収まらなくなるので「あーもう」ってなりますね(笑)

 

そんな時にA5サイズシステム手帳だと1ページに割とスッキリ収まるし、その1ページにたくさん書きたいことを書けるので良いと思います。

 

あとは、手帳に「色々なものを切って貼りたい」という方は、A5サイズが良いです。映画のチケットや旅行のパンフレットなどそういう思い出の紙モノをスクラップするにはバイブルサイズだと小さいと思います。

 

資料やプリントなどをファイリングしやすい

 

なにかシステム手帳に挟んでおきたいものがある時に、A5サイズのシステム手帳だと、穴を開けてすぐにファイリングできます。

 

世の中にある紙のサイズってだいたいA4かB5じゃないですか(そんなことはない)まあほぼA4じゃないですか(尋問)

 

A4の半分はA5だとお恥ずかしながら最近知りました、、

 

ということで、半分に折って、穴あけパンチで穴を開ければ、すぐにシステム手帳にファイリングができます。

 

ただこの穴を開ける作業が不器用な私にはこれまた苦行でして。

 

本当は、システム手帳用の穴あけパンチ(これごと手帳にファイリングできるもの)があるのですが、100円ショップのミニパンチを持っていたわたしは、いまだにこちらで穴を開けております。

 

しるしを書いて穴を開けるのですが上手くいくわけもなく!いつも無理やりこじ開けています。なので、手帳用の穴あけパンチを買うことを強く強く勧めます。わたしも買います。

 

家置き用によいかも

 

ということでA5サイズのシステム手帳は今は家に置いておいて、ゆっくりじっくり書きたいときに使う用にしています。

 

ただこれは、他に使っている持ち歩き用の手帳がある場合なので、逆にA5システム手帳に一元化させる方にとっては、書くスペースもたくさんあるし資料も挟めるし、それもそれでよいと思います。なんだか投げやりになってしまいましたが。

 

バイブルサイズシステム手帳

 

続いてはバイブルサイズのシステム手帳をみていきます。

 

持ち歩き用にできる絶妙なサイズ

 

A5だと「大きすぎる!」という方。システム手帳にはミニ6穴という小さなサイズもあります。しかし、「これじゃ逆に小さすぎ!」という方にはバイブルサイズが適しています。聖書ぐらいの大きさだ、というところからこの名前になったのだと思われます。

 

見た目をひとことで言うと「細!長!縦!」という感じです。A5よりも持ち歩きしやすいサイズです。

 

スケジュール管理によいかも

 

持ち歩きしやすいので、ノートをとったり勉強したりというよりもスケジュール管理のために使うのに適しています。

 

やっぱりビジネスマンが鞄からサッとスマートにバイブルサイズのシステム手帳を出してくるとかっこいい、と個人的には思います。逆にA5だと少しかさばってしまうのは否めないかと。

 

とにかく、すぐに取り出せて予定を確認できるのはバイブルサイズの強みだと思います。

 

はじめの1冊はバイブルサイズで

 

日本ではバイブルサイズがやはり一般的でリフィルも他のサイズより種類が豊富な気がします。わたしのバイブルサイズもダイソーさんで購入したくらいなので、手を出しやすいです。

 

スケジュール管理で使ってみてもっと他にも色々書きたい、用途を分けたいと感じればA5サイズに手を出す流れでも良いのではないかと思います。

 

さいごに

 

簡単にまとめると、「A5サイズはかなり大きいけど、その分たくさん書けるし資料も挟みやすい」

 

「バイブルサイズは持ち歩きしやすいし一般的に使われるサイズではじめの1冊によい」

 

という感じです。自分で言うのもあれですがすっごく、考えたら誰でも分かるようなことを書いていますね(笑)

 

ちなみに、わたしはA5サイズとバイブルサイズ、どちらか選べと言われても迷ってしまいますね。両方のよさを感じているので、上手く使い分けをして、これからも2冊使いすることになると思います。

 

ではでは。いつもお読みいただきありがとうございます。