B6フリーフィールドダイアリーの使い方

 

今日は、このブログでも何度か触れている、スケジュール管理用の「ユナイテッドビーズ フリーフィールドダイアリー」の使い方についてまとめたいと思います。

 

思いっきりフリーフィールドの中身を公開する気だったのですが、いざ見てみると、仕事のことも結構書いていてモザイクが所々入ってきますがご了承くださいませ。

 

というかこの手帳に関してはデコもあまりしてなくて字も汚いので、とりあえずブログの文章中心で使い方をお送りしたいと思います。‬

 

 こちらもご覧ください↓

www.nanatecho.com

 

 

 

f:id:moke6310:20180823201215j:plain



 

 

 

フリーフィールドダイアリーとは

マンスリーは普通にありまして、ウィークリーページのフォーマットが、その名の通り、自由度の高いフォーマットになっております。

 

今まであった、バーチカル(時間軸が書いてある)や、レフト式(左側に1週間の予定が書ける)と比べると珍しいフォーマットの手帳だと思います。

 

その詳細は、レフト式のような一週間のマスの下に、方眼のフリースペースと縦にTODOリストがあるというもの。さっそくみていきますね。

 

マンスリーページの使い方

 まず話題のウィークリーに行く前にマンスリーの使い方を少し。

 

f:id:moke6310:20180516140555j:image

 

6月ならNOモザイクでいけました(笑)ここでポイントをいくつかご紹介します。

 

色は2色使い

 

これは、過去にも書きましたが、仕事「黒」、プライベートは「赤」で書いています。ぱっと見で分かりやすいです。ちなみにペンはフリクションの2色ペン。

 

無意識に英語手帳と化した

 

いつの日からか書けるところは英語で書くようになりました。書けるところっていうのがポイント。わたしがいかにやる気ないやつかわかりますね。調べなさいと。しかし「gas fee」って合ってるのかなあ。あ、ガス代です(笑)

 

月間のタスクを記入

 

週のタスクに落とすほどでもない大きな「やること」があるときは右下に記入しています。例文が○○ちゃんにお返しとありますが、友だち居ないのでもらうこと自体ありませんけどね。

 

月間の目標もどきを記入

 

目標というほどでもないですが、すこし意識していこうよみたいなことを左端に書いています。6月「梅雨だから無理せず頭痛薬飲もうね」って感じのことにしました。これ目標じゃないですね。

 

ちなみにデコレーションもなるべくシンプル。もともと派手派手にはあまりしないタイプだったので、月書いてシールやって終わりくらいです。

 

そういえばEマークはEnglish lessonです。なんだか視力検査みたいで気に入ってません。

 

そうなんです、こないだ視力検査をしたら対象物が「C」じゃなくて「E」でした。いつのまにCの時代が終わったんでしょうか。とにかくなにかよいマークがないか考え中です。

 

ウィークリーページの使い方

 

今回の主題であるフリーフィールドのウィークリーページです。

 

f:id:moke6310:20180516140541j:image

 

このページは少ないですが、週によっては内容がびっしり詰まっていることもあります。そして例によってペンは2色使いです。

 

週間のTODOを記入

 

左端に週間TODOリストがあります。仕事で与えられたタスクも期限から逆算して、それぞれの週には何をすべきなのかが明確になり、よかったです。

 

フリースペースには何でも書ける!

 

フリーフィールドダイアリーの最大の魅力はこのフリースペース!画像では、はてなブログPROにしたよーなど「やったこと」と仕事でのミーティング内容(ダミー)を記録しています。

 

そのほかにも、買い物メモ、クリスマスのメニュー案、プレゼント案、仕事でのアイデア、などなど日常生活に関することは忘れないようにこのフリースペースに記入しています。

 

フリーフィールドダイアリーのいいところ

 

  • レフトほど週間のマス目がいらなくて代わりにフリースペース多めのほうがいいひとにぴったり
  • 「週」を意識して予定管理しやすいと思う
  • 自分の好きなように使える
  • フリースペースが方眼なので図やTODO,グラフなども書きやすい

などなど、、

 

時間単位で予定管理しなければいけない人は向かないかもしれませんが、とにかくわたしはこのフォーマットが自分にとても合っていて使いやすいのでお気に入りです。

 

来年もフリーフィールドダイアリーを使うことを検討中です。システム手帳のリフィルにもこのタイプが出てくれたら嬉しいんですけどね。

 

と、いうことで、今回はフリーフィールドダイアリーの使い方でした。

 

ではでは。お読みいただきありがとうございました。